読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐずにっき

生きづらさを減らすための脳内作戦会議&実践

車はあくまでも快適に暮らす道具「報告20日目」

f:id:guzuni:20170409231502j:plain

初体験⑳車好きの祭りに行く

私の住む町は自動車メーカーHONDAの工場があり、HONDAのF1車やスポーツカー、バイクの展示など車好きにはたまらない祭がある。今までだったら興味がないので行かなかったが、ネタ探しに今年は行ってみる事にした。のんびりしてたら体験型コーナーは2時間待ちで、車好きや家族連れで賑わっていた。私にとって車は快適に暮らすための道具でしかないが、彼らにとっては日常をキラキラしたものに変える魔法が車なんだろう。

一番空いていた衝突安全システム体験コーナーに行く。話題のVRってやつで360度立体的な世界が広がる。これに触覚、嗅覚が加わればもう「ルサンチマン」の世界だ。モテない男がバーチャル恋愛にはまり、非現実が現実を浸食する話。バーチャルから出てこれなくなりそう。

csbs.shogakukan.co.jp



現実との落差に耐えきれなくなって、VRで楽しかった過去に浸って薬飲んで死ぬのが流行ったりして。VR自殺。またはVRで幸せ見せられて現実は地獄のような環境で働かされたり。似たような設定は映画「コングレス未来会議」で描かれている。そんなディストピアを想像してしまう。

映画『コングレス未来学会議』公式サイト


この祭りは1週間前。この時は桜はあまり咲いていなかった。ぽつぽつ。

f:id:guzuni:20170409233936j:plain

私は行列に並ぶのが嫌なので、圧倒的に待つ事の多いコーナー(人気はF1、スポーツカーの試乗&VR体験)は諦めて時々聞いてるラジオ番組「HONDAスマイルミッション」リポーターのルーシーさんと愛車プチェコを見て帰った。

f:id:guzuni:20170409234613j:plain

私は祭りは行くより作る方が楽しい。行くだけだと消費を楽しめる人じゃないと、奪われる感覚に陥ってしまう。疲れる。二人なら、好きな人となら楽しいのか?行った事がないからわからない。私は同じように並ぶ事が嫌いな人といつも自分達のテリトリーの中にしかいなかった。思えばそれが行き詰まりの原因だったのかもしれない。今度付き合う人は陽気なサバイバル能力のある人がいい。暗いのは私だけでいい。

疲れたので少し寝て図書館へ行く。
「ご自由にお持ち帰りください」のコーナーに深見東州の本があった。電車や新聞広告でいつも気になるこの人。藤岡弘、に負けない顔力。

f:id:guzuni:20170409235942j:plain

見えないもんはよくわからない。いないとは言えないけど。ぱらっと読んで恋したくはならなかった。作者より読者(深見さんのファン層)が気になる。