読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐずにっき

生きづらさを減らすための脳内作戦会議&実践

ロックンロールは続いていく。~私の沼~

今週のお題「私の沼」 フラワーカンパニーズ沼。

f:id:guzuni:20170526115512j:plain

初めてフラワーカンパニーズ(以下フラカン)を知ったのは1998年、私が14歳の時だ。フラカンは音楽番組「HEY!HEY!HEY!」で、「ヒコーキ雲」を歌っていた。水兵さんの格好をしてかわいい感じで登場、黄色い声援。(だったと思う)MCの二人とおどおど喋っていたトーク部分とは正反対に伸びやかで甲高い圭介さんの声に惹かれた。(余談。けっこうこの放送を観ていた人がいた人がいて、ファンには不評だったとネットで最近知る)すぐに「ヒコーキ雲」が収録されてるアルバム「マンモスフラワー」を聞いた。が、「ホップステップヤング」以外はいまいちぐっとこなくて、いつの間にか忘れてしまった。

 

10代後半はエレファントカシマシthee michelle gun elephantブランキージェットシティに夢中だった。(当時の音楽好きの10代は大抵そうだったと思う)大好きだったダイノジ大谷さんがフラカンを激押ししていたので当時の最新アルバム「発熱の男」を聞いてみたが、手首を切って血をなめたとか歌詞が生々しくて重く感じてしまった。ストレートすぎて困った。悩みを悩みのまま出され、現実を突きつけられた。現実を忘れたくて音楽を聞いているのに、現実を突きつけられるとなると受け入れられなかった。ダイノジのDVD「俺道」に「馬鹿の最高」が使われていてその曲は好きだったけど。
2002年にフラカンのメジャー時代のベストアルバムが発売された。これはポップな曲が多かったから聞きやすかった。「ああ今夜も空振り」や「LOVE ME DO」や「アイアムバーニング」など。


20代。当時愛読していた音楽フリーペーパー「juice」に圭介さんが「30代の爆走」を連載していた。デパートのトイレが大好き、とか書かれている事が日常的で同じ世界に圭介さんは暮らしているんだなと当たり前の事だけど親近感を覚えた。ちなみに、後に本になった「30代の爆走」について友部正人さんが素晴らしい書評を寄せていたので紹介します。私の言葉の数千倍詩的でかつ的確に魅力を伝えています。

【書評】鈴木圭介:三十代の爆走【ブックレビューサイト・ブックジャパン】

 

トップの写真は「juice」の表紙を日記に貼ったもの。
しかし、最新作の「世田谷夜明け前」もまだピンとこなかった。名曲「深夜高速」も収録されているが、当時の私には「生きててよかった、そんな夜を探してる」は恥ずかしかった。そんなド直球の事を歌詞にするくらい圭介さんは追い込まれているのかと心配になった。30を過ぎても変わらずに七転八倒し、愛されたいとか寂しいとか空しいとか薬に頼ってしまうとか己の弱さを晒し、叫び、追い求める。この先には破滅(圭介さんが歌えなくなる、バン解散)しかないような気がして文章は好きでも歌は聞けなかった。


30代。フラカンがメジャー再デビューをして曲を聞く機会は増えた。どんずまりの中、どうしたらいいんだ!とじたばたしてたら実は先に進んでいて、評価もされていた事がメジャー再デビューで伝わってきた。バンドが続きそうだとほっとした。

決定的だったのはラジオで「ロックンロール」を聞いてからだ。運転中だったが、あまりに曲の世界にぐいぐい引き込まれるもんだから慌てて停車して聴いた。なんていい曲なんだろう。メロディーの優しさに思わず涙した。この曲は東日本大震災後に出来た曲だそうで、当時私は関東で被災した。あの時の事や今に至る事全て引っくるめてロックンロールはいいんだよと赦してくれた気がした。
そこからだ、過去のアルバムもさかのぼってちゃんと聴くようになったのは。

武道館は行けなかったが、武道館のお礼を兼ねた47都道府県ツアーには行った。ますます好きになった。歌詞にも向き合えるようになった。それは痛みを客観的に見れるようになったのもあると思う。


フラカンは変わらず、痛みを、苦しみを抱えて歌にしている。武道館が終わって、次のステージを期待されてプレッシャーもあるだろう。でも、その時々の年齢に合わせて生活に寄り添う音楽をフラカンは作ってくれる気がする。今のフラカンなら、気張らずに声は枯れても芯は熱いロックができると思う。


ということで、引き続きフラカン沼に浸かっています。

調子にのりたい 「報告35日目」

f:id:guzuni:20170525221550j:plain

調子にのりたい夜がある
強がり言って、自分の顔を写す鏡を割って
別人みたいにふるまいたい日もある





寂しいとか悲しいとか泣きたいとか飽き飽きしている、


んだけど な。




自分と向き合うのも体力がいる。
向き合いすぎて自分の浅さに愕然として
でもまだ掘りが浅いだけかなと
掘り続けてもちっとも進まなくて
気付いたら周りに誰もいなくて
慌てて外に出ているところ。



昼間は暑くて使い物にならずへらへらしてる。
スポンジみたいにスカスカで、食べ物も知識もたまっていかずに
虚しさだけが募っていく。
これではいかんとザ・ポジティブな本を読んで精神を持ち直そうとするんだけど
夜になると駄目だ。ポジティブメッセージが頭に入らずに身悶えして
疲れて天井を見てる。焦る、焦る。気持ちだけが空回りする。



インターネットに流れるやるせない気持ちに同化して、コンビニに吸い寄せられるようにネットに脳みそを委ねる。


あがいている。
こんな愚痴、書いて何になる、弱さを世界に晒して何になる。
でも、でも、何もしなければ何も変わらないから書いている。


今日のブログのアクセス数が54になっててびびる。今まで一ケタだったのに。
でもアクセス数を上げるためにどうこうはしない。できない。今は。

できない。
バイトの誘いを断ってしまった。
今は怖い。

f:id:guzuni:20170526005710j:plain




初体験35 竹灯籠を作る

廃校になった小学校の体育館で竹を使った三角灯篭を作る。二宮金次郎を久々に見た。


何がしたいの?って言われる。
うまく答えられない。漠然としたイメージを言葉にすると薄っぺらい。つまらなさに頭が凍る。

共感できる適度な失敗談と成功を語り、ブランディング。できない。惹かれない。


ああ、何も考えず調子にのりたい。

生きのばしでも消えぞこないでも 「報告34日目」

f:id:guzuni:20170523000353j:plain


写経。
経典ではないが、優れた文章は書き写して言葉のリズムや息遣いや思想を自分に取り入れたい。
忘れたくない。脳に染み込ませたい。辛い時にいつでも思い出せるように。



これはOTO、こだまたけひろ 「つながった世界 僕のじゃがたら物語」の中の印象に残ったOTOさんの言葉を日記に書いたもの。

www.ele-king.net





日記帳、初公開だな。


私の唯一と言っていい取柄、自慢できることは、日記を続けていることだ。


続けているといっても、毎日休まずではない。一週間書かなかった時もある。けど、止めたいと思った事は一度もない。
根性なしの私が日記だけは続けている。10歳から書き始めてもう22年だ。現在日記は43冊目。


日記と言っても、記録要素はあまりなく、雑記帳に近い。基本毎日イラスト+日記のスタイル。あとは雑誌の切り抜き貼ったり、漫画書いたり、詩を書いたり小説書いたり、考えを整理するメモ帳代わりになったり。とにかくなんでもありなのだ。だから20年続けられた。もう習慣になっていて、書かないと落ち着かない。日記は私が生きてきた証だ。私は私を確かめるために日記を書いている。だから今は日記をまめに書いている。書かないと自分の輪郭がぼやけて消えてしまいそうで。私の存在が、まるで最初からなかったかのように忘れられるのが嫌だから文字にしている。


youtu.be





前回二回立て続けに更新して、このままブログをまめに更新できるかと思いきやそうはいかず間が空いてしまった。


言葉はつかめそうでつかめない。脳内の世界から言葉にした途端輝きを失い、消えていく。最初からつかめそうにないなら諦めもつくが、
つかめそうな予感はするので諦めきれない。ロックンロールに夢中になったら止められないのと同じで。


なんて、まるで売れっ子小説家みたいな事言ってるな。ああ恥ずかしい私の人生。


息詰まるとすぐにフラカンのネットストーキングをしてしまう。小ネタ探しのため過去のブログやライブレポ読んだり。暇人によくありがちなパターン。
youtubeニコニコ動画観始めたら沼のように抜け出せない。そんなんするくらいならリアルの表現(ライブ)観に来いよって叱られそうだな。


ライブと言えば6/9に日本武道館theピーズの公演がある。関東に住んでいたら行ったと思う。でも今は交通費やら宿代やら金の事で躊躇してしまう。
武道館には行ったことがない。一度は行ってみたいけれど…・悩んでる。武道館で「グライダー」とか「やっとハッピー」聴いたらうるっときそう。


youtu.be



youtu.be



たぶん、「生きてたらいい事もあるもんだ」ってしみじみ思える夜になんだろうけど。
生きのばした朝も消えそこなった夜も全部含めて背負いつつ生きていこうと思えそう。




報告を忘れていた。

初体験34 クラシックコンサートを聴く。

世話になっている方に無料だから、と誘って頂いた。オーケストラはロックと違う生命力を感じた。
爽やか。新緑の芽吹きを眺めているようだった。

確かに美しいなとは思ったが、心に残るのはロックなんだな。
まだまだがきんちょだ。

シラフで夢を語れ「報告33日目」

f:id:guzuni:20170519232019j:plain


シラフで夢を語れ。
何かの力を借りずに語れ。
口から流れる言葉より
身から湧き出る言葉が聞きたい。

分析よりも意見が聞きたい。
共感されないような
個人的な事でいいから
君の話が聞きたい。
君自身の話が聞きたい。

消費されてたまるか。
簡単便利じゃいられない。


岡崎体育のメディア戦略が上手いという記事を見た。

ken-horimoto.com

確かに目の付け所は面白いし、話題性はある。

ネットで爆発的に多くの人に取り上げられることを
「バズる」というらしい。まぁ、バズりやすい事を狙ってやっているんだろう。

確かに知られなきゃ売れもしないし、批判されることも含めて
彼はやっているんだろう。

だけど。なんかもやもやする。

私は
面白い!
いいね!
みんなも見てみて!
とはならない。

なんだろう、消費を加速させる波にのりたくないんだよな。
SNSには向いてないタイプだ。
「いいね」のリクエストなんてプレッシャーでしかない。

「才能あるね」
「天才だね」
って言った人の頭の中の五秒後に彼はいるのか?
絶え間なくネタを出さなきゃ埋もれちゃう。
それはどのミュージシャンだって同じだろうけどさ。
自分だったらと思うとすごくしんどい。
祭りの準備のように宣伝できる人なら別だけど。

私は自分の駄目さを肯定してくれる表現者が好きだ。
弱さをさらけ出せる人が好きだ。


初体験33 ブログを一日二回アップする

書けそうな時に書いておこうと思って。

はてなスターをつけてくださる方、ありがとうございます。
励みになります。


なんとか生きてます 


最後に松本ハウスのキックさんの染みる言葉を紹介。
私はキックさんの言葉、文章のファンです。
信頼できる言葉の重みがあるんだよなぁ。




精神疾患を持つ当事者へのメッセージ。
「相談すること。僕らも行き詰まったときは何度も相談してきました。相談して、「ああしよう」「こうしよう」とやってみる。でもまた行き詰る。それでも、負けじとまた相談する。そうしているうちに、成功する部分や新たに発見することが見つかってくるんですね。前を向いていても後ろを向いていても、人は進んで行きます。でも、この進むということが大切なんですね。進めば何かが変わります。そこには必ず違う風景が待っていますよ。徐々に、徐々にです。」



引用はこちらのサイト↓

www.nhk.or.jp

目先の期待にハリキれ「報告32日目」

f:id:guzuni:20170519224421j:plain


ごまかして 卑怯か
にんじんは逃げか
目先のにんじん 手の届くごほうび
それしか見えない
確実に手に入るものしか
自分でエサを用意するしかない

自分で自分をもてなせ
手綱を引け
目先の期待にハリキれ
生きてりゃいい
ここまで来たんだ
進むしかない

手に入れた分捨てられたらいいのに
守る事で忙しくなる
年々言葉が出なくなる
言葉が消えていく
雨に濡れた心臓が
やけに激しく浮き上がる
賑やかな場所で一人
吞めないくせに居酒屋で一人
クッパを流し込んでいる
ため息も消化できるように


ちなみにコムタンクッパが好き。一時期毎日焼肉屋で食べてた。

cookpad.com


初体験32 ゴスペル教室に通う

ネットで見つけた会費の安いゴスペル教室に通うことにした。

大きな声を出すのは気持ちが良い。大きな声の人や大きな音は苦手なのに。嫉妬なんだろうか。本当は私も大きな声で、音で騒ぎたいのにと思っているからだろうか。声を出すと抑圧から少しだけ解放される。

昔は一人カラオケをよくしていた。が、何だか風俗に行ってるような空しさ(勝手なイメージです。私が男ならそうだろうなと。)が帰りにつきまとうのでやめた。

ハーモニーは気持ちいい。ベタだけど「天使にラブソングを」は好きだ。

帰り道夜の国道を運転しながらフラカンを熱唱する。「真冬の盆踊り」の最初「あーっ ぐっと冷え込む深夜」のあたりを通る声でまっすぐ出せて気持ちいい。発声練習をしてるから声がよく出るんだろう。


youtu.be




ああ、熊本でフラカンファンの人達とカラオケに行きたい。一緒にこの昂揚を共有したい。どこで出会えるんだ?出会いたい。

骨の匂い「報告31日目」

f:id:guzuni:20170517094852j:plain

どこかで骨の匂いがする
踏ん張って軋んですり減ってよろめいて
でも立っている

摩擦で風に舞った骨が香った
どこかで誰かが闘っている


全部吸い込んで私になればいいのにと
思ったあなたの骨を思い出す


不安は消えない
付き合い方を学ぶしかない
なくなりはしない 鈍感になるだけ
慣れないと生きていけない

今日より明日が良くなると
幻想を拠り所にして
夢想して 依存して

それは悪い事じゃない
正しいとも言えないけど そうするしかない
生きていくしかない





フラカンばっかり聞いてるからか、触発されて痛い言葉が沢山出てくる。今私は社会の中で宙ぶらりんの存在で、生きている実感に欠けているから、痛みを感じる事で生きているって感じたいんだな。自分もしんどいけど生きてますって免罪符。

幻想は必要だ。
ただし、確固たる存在ではない。見えないが空気のように当たり前にあるものではない。

という事は忘れてはいけないと思う。夢をみる(守る?)にも努力は必要だ。


なんて事を映画「アンヴィル!諦めきれない男達」
を観て思った。50を過ぎてもロックスターを諦めないヘビメタおじさんはかっこ悪いけどかっこいい。心から尊敬する。続ける事って難しいから。

youtu.be


初体験31「制汗スプレーを作る」

ミョウバンを二日かけて溶かしてレモングラス精油を足らして完成。シュッシュッとしまくっている。ちなみに、甘酒第二弾(魔法瓶バージョン)は発酵が上手くいき、成功。次回からは魔法瓶で作る。夜は間食せずに甘酒で過ごしたい。

つくる事は生きる事ってよく言うよね「報告30日目」

※前回の投稿は、一日経って公表するには相応しくないかなと思う部分があったので削除しました。
じゃあ書くなよって話ですね。自分が落ちてると懺悔したくなるのは私の悪い点だと自覚してます。聞きたくない相手にとったらいい迷惑だろうなと。
要はビビってしまったんですね。
軸がブレブレだ。


のっけから言い訳してんじゃないよってね。

f:id:guzuni:20170513011333j:plain


夜心がざわついて眠れない時、インターネットの沼にはまらずに落ち着かせる方法を考えた。今、一つ実験しているのが料理だ。手を動かして何かを作る。料理といっても、私は料理がど下手(料理は精神状態が良くないと作る気になれない)なので、化学実験レベルの混ぜるだけのものだ。作るのが良い。動いた結果が見えると、「あぁ、自分は人間だ」と思える。尊敬する建築家の岡啓輔さんがよく言っているが、人間が人間らしく、生きる喜びを感じるのは創造している時だ。

「つくる」という言葉に幾つもの漢字があるように人間はつくる事にこだわってきた。ものづくりは楽しい。

f:id:guzuni:20170513010617j:plain

初体験 30 甘酒を作る。

お粥作る→50から60度に冷まして米こうじを入れる→炊飯器で6時間保温 で完成。

温度管理が難しい。温度計がなかったのでネット情報の「箸でつかんだ米に触って熱くなければOK」を信じてやってみた。若干後味に酸味が出たが、甘みはあった。初回にしては上出来。炊飯器の保温に使う電気がもったいないので魔法瓶で保温できないか次回挑戦する。

手作り系だと他には制汗剤を今、作っている。
本来はクリームタイプのものを作りたかったが、クリーム用にココナッツオイルを買うのが面倒なのでやめた。材料は、重曹、ココナッツオイル、アロマオイルだった。けちってオリーブオイルでやってみたが、シャーベットみたいになってしまい、ザラザラ感が気になってしまった。でもココナッツオイルはあまり使い道がないし、高いので諦める。

今度はミョウバンを使って作る。

エコというよりは節約。作れたら買う必要はない。お金の恐怖から逃れたい。