読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐずにっき

生きづらさを減らすための脳内作戦会議&実践

どうにもとまらない 「報告8日目」

f:id:guzuni:20170316184343j:plain

散歩が好きだ。花がきれいだなとか太陽が気持ちいいなとかそう思ったら立ち止まってその美しさを愛でる事を意識している。子どもの頃の宝探しに似ている。毎日同じ景色のようでそうではない。景色は地面や植物や様々な生き物の集合だと見えるようになると毎日何かしら発見があり、少しだけ豊かな気持ちになる。

f:id:guzuni:20170316190449j:plain

道に迷ってたまたま湖のような溜池を見つけたり。偶然だから喜びも大きい。

今日の初体験⑧ 本・CD・DVDをほぼ手放す。

髪を切ってからも、捨てたい衝動が抑えられず、これは今だ!と思い入れのあった本などの断捨離に取り組む。1年に数回見るか見ないかの物は全て売る事にした。その結果

CD 37枚、本(漫画含む)44冊、DVD9枚にさよならを告げる。

f:id:guzuni:20170317005408j:plain

エレカシ岡村ちゃんフライングキッズなどなど1つ1つの思い出を語り出したらキリがない。

f:id:guzuni:20170317010223j:plain

高校時代は日本のパンクにはまった。ロッキンオンジャパンの日本のパンク特集号で紹介されてた名盤を聞きまくった。世代的には青春パンク全盛期だった(ゴーイングステディとかガガガSPとか)が私にとって日常を忘れさせてくれる刺激は過去にあった。スターリンとかリザードとかフリクションとかINUとか聴いて、昔の宝島とか大槻ケンヂの本読んで当時の事を調べた。

ああ、やっぱり長くなる。
とにかくありがとう。君たちにはとても世話になった。会いたくなったらまた会えるよね。またね。

f:id:guzuni:20170317012336j:plain

彼らは佐川急便で運ばれていった。

(お知らせ)
明日3/18(土)から3/24(金)までブログをお休みします。過去最大の初体験(挑戦)、「携帯電話のつながらない場所で1週間過ごす」を行うからです。活字からも離れます。本、インターネット依存の私が耐えきれるのか?不安はつきませんが、とりあえず行ってきます。

ほんにゃらベリーショート 「報告7日目」

f:id:guzuni:20170314235554j:plain

まずお断りを。
外に出て集団の中にいると人疲れで半日から一日頭と体が働かないので更新が遅れています。がしかし、小さいながらも毎日初体験のネタは仕入れています。タイムラグはありますがコツコツ更新していきますね。SNSには向いてないタイプだと思います。即レスなんて無理。オラ、いちぬけた。

初体験⑦ 過去最短のショートカットに挑む

私は太っている。たいがい髪型でいえばボブでごまかしてきた。髪の量が多いからロングは維持が大変。ショートだと顔の輪郭が隠せない。で、いつも無難なボブを選んでしまう。

このごまかしてる感じが嫌になった。髪の長さ=世間への執着(平たく言えばちやほやされたいとか)のような気がした。退路を断ったくせに貴様はまだちやほやされたいだと!ともう一人の辛辣な自分が突っ込む。で、思いっきり切りたくなったのだ。

しかし、しつこいが私は無職でおしゃれな美容室だと懐が痛い。今回初めて1000円カットを利用した。

予約制ではなく先着順だとの事で朝1番に店に到着。席に着き、「この髪型にしてください」と理想の髪型の女性の写真を見せると美容師さんに「えっ?」と驚かれた。「こんなに切っていいんですか?」
そう言われて勢いで来た私は急に心配になった。
「1000円カットでざっくり切られて気に入らなくても何も言えんぞ。今私はものすごく危険な橋を渡っているんじゃないか?」
うぅ…、ここは「髪の量を減らしてください」に妥協する方が安全では?と無難を愛する私が脳内で逡巡する事数秒。

だーっ!!
切・る・の!あんたは切るの!

アナーキーな私が主張し、結局「短くてOKですから!」とGoサインを出した。

結果、過去一番の短さになった。ショートカットというよりベリーショートである。10代ならまだしも、大人は美人しか似合わない(例、宮沢りえ)と言われるアレだ。しかもしっかり刈り上げてある。けれどGOサインを出したのは自分。
「ほんにゃら~ごっこ、ポリポリ♪」だ。
(言いたかっただけです、すいません)

youtu.be

「この写真こんなに短かったっけ?」と首をかしげる。かしげすぎてここ数日首と肩が凝る気がする。ニット帽とストールが欠かせない。ポリポリ。

エゴサーチ&デストロイ 「報告6日目」

f:id:guzuni:20170312222109j:plain

初体験⑥ 地域住民の集まりに顔を出す。

田舎が嫌いで都会へ飛び出した。

期待は空回り、見事に壁にぶち当たって粉々になってしばらく粉のままだった。

なんとか生き物までには回復したけれど息をするだけで精一杯の状態で

頭は働かず 食べ物や本やら貪って

ようやく人間に近づけたかしらと思った矢先に

地震があって  

生き方含めて揺さぶられて

このままじゃいけない、と田舎に帰った。

田舎に帰るということは嫌だった地域と向き合うことだ

自分なりに無理のない地域との距離の置き方、折り合い方を探っていた矢先に

また地震があって

向き合い方が足りないんじゃないの?

ここで暮らしていく覚悟あんの?

いつまでよそ者でいるつもりなの?と

言われている気がした。
(私は思い込みや強迫観念が強い)

まだこの観念を言い返すだけの答えを探して日々彷徨って情報を掘りまくる日々で

自分の人生なんだから自分で答えを探さないといけないわけだが
自分のことほどよくわからないもんで

まぁそうなると自問自答で息詰まり、
この曲聞いてまさしくその通りだって久々に曲を聴いて泣きそうになった。

youtu.be


私を探して、私なんて捨てたくて。壊されて。
普通にすがりたくなって。
悔しかったら壊してみろって殴られたようで。

外に出て、たまたまその日誘われてた役場主催の住民説明会に乗り込んでみる。
前列で90%老人だらけの中、居座ってみる。
復興に向けた役場の方針の説明が行われた。

復興。
今年で東日本大震災から6年なわけだが
なんだか心は置いてけぼりだ。
距離ができてそのうち見えなくなりそうだ。
思い出す。自分なりにあの頃の気持ちを思い出す。

復興って地震前の生活に戻る事なのかな?
私はもう戻れないと思っている。
違う未来を作る事なんじゃないか。経験から学んだ事を生かして、改善しないと、変えていかないと同じ過ちは繰り返す。
次世代にこれ以上負債を残さないよう、今の社会のシステムを一人一人の大人が変えようと踏ん張らないとますます子どもは絶望する。
ただでさえ絶望する大人だらけなのに。

自分ができる事はなんだろう。

身の程知らずな使命感でがんじがらめになりがちだけど、常に考えている。

生きづらさを減らすにはどうしたらいいか。

ひかくしてしまう「報告5日目」

f:id:guzuni:20170311142942j:plain

初体験⑤ 避けていた店に行ってみる。

ママ友の集団が苦手だ。
「独身は気楽でいいわね」と責められている気になるからだ。元々女集団は苦手だ。学生時代から一人が好きだった。集団は気遣う事が多すぎてしんどい。女は1対1か最大3人くらいがちょうどいい。

だからママ友の集まる店は避けてきた。学校近くの喫茶店やファミレス。

ある喫茶店がこのママ友出没ゾーン内にあり、現在毎日初体験期間中の私はネタ探しに思い切って行ってみる事にした。

店内にはママ友の集団がすでにいた。
リーダー格らしい女性は私より若そうだが「家を建てるから土地を買った」らしい。
まるで別世界だ。うん百万だかうん千万の費用を返すあてがあるから建てるわけだ。それだけの借金を返す為に今後数十年働く覚悟があるわけだ。
数十年どころか数年も働けた試しのない私はその覚悟を心から尊敬する。(これは皮肉でも何でもない)

モーニングセットが届いた。もさもさと流し込む。

ゆで卵が胃に流れていかない。なんだろうこのしこりみたいなもの。咳がしたい。でも視線がこっちにくるのが怖い。

彼女たちはとめどなく不満を吐き出す。
聞かなきゃいいのに耳に入ってしまう。
聞き流せずに言葉は積もり積もりちっちゃな器の私の心臓からあふれて口を突いてしまいそう。


やばい、このままじゃ吐く。


耐えきれなくなり外へ出た。

彼女たちは悪くない。
店も悪くない。私が被害妄想的になってるだけなんだ。
車の中でしばらく横になる。(家から遠い店だったので父の車を借りた)
うぅ・・・、体調とか色々悪い条件が重なったんだ、大丈夫、そんな時もあるさ、
死にやしないさとつぶやくヘタレの32歳。無様な様を晒すように太陽が昇る。

今日のBGM かまやつひろし 「どうにかなるさ」

youtu.be

美味しいごはんと鬱 報告4日目

f:id:guzuni:20170310101929j:plain

今日の初体験④山あいの隠れ家レストランへ行く。

テレビ、雑誌などマスコミ取材を一切断っているのに大人気で関東や海外からわざわざ食べに来る人も多いという創作料理の店に行った。「無職のくせに贅沢だな」と思った人もいるだろう。もちろん私は払えない。(偉そうに言える事ではないが。)
知人の一人におごってもらった。

値段はちと高めだが、値段以上に満足できた。
一つ一つ、ため息が出る美しさ。肉、魚がなくても満足できる品数の多さ。


だが、だが。店内にいる時は美しさに心洗われたような気になっていたが、店を出た途端体が重く、空しさが山からの北風と共に身体を締め付けた。苦しい。胸がぎゅっと痛い。
あんなに美味しいものを食べたのにどうして満たされないんだろう。力が湧かないんだろう。
おごってもらったのに満足を上手く表現出来ない自分。

気を取り直して前々から気になっていたカフェにも行ってみたがこちらは甘めのメニューで胃がもたれる。近所を散策して神社や大木を眺めても風が強くて安らげず。言いたい事は言えないままだった。

f:id:guzuni:20170310102111j:plain

言いたい事、それは母の事だった。

母は鬱気質で、このところ一日のほとんどを布団で過ごす。
起きられないのだ。
食事も1食。あれこれ家族が布団から出る習慣をつけようと声かけするもなしのつぶて。

鬱は今回で2回目だ。
1回目は13年前。その時は今よりひどく、母は毎日泣いて家族を責めた。結局何度か説得の末精神科に家族で行き、投薬で徐々に落ち着いたが1回目の時より老化は進んでいて体力の低下が気になる。認知症にもつながりそうだ。
内向的で相談が苦手。友達もいない。典型的な鬱になるパターンの人。それは見事に私にも遺伝されており、否定したい気持ちもあり焦りがある。

しかし行くのは本人。本人の気持ちが前を向くまで見守り、外に出たくなったら一緒に手をつないで寄り添い共に茨道を歩くしかない。
その先の光を信じて。
その過程が安心感につながり、踏み出す力になる。

まだ病院には行く気にはなれないようだ。家に帰るとたまった洗濯物と食器が冷たく待っていた。そんな時もあるよ、とフッと短く息を吐き、皿を洗った。

心は海風にさらされた車のように錆びている。美味しいごはんで塗装してもすぐに剥げる。対処療法なんだ。根本からなんとかしなきゃ。

遊郭跡を巡る 報告3日目

f:id:guzuni:20170310100405j:plain

写真は、地震で崩落した岩。今後ご神体として祀る予定だとの事。表面がでこぼこしているのは溶岩が固まった跡だとわかる。
今日の初体験 ③地元の隠れた名所を巡る。

地元の歴史に詳しいおじさまと知り合いになった。「うちの町には昔遊郭もあったとよ。今度案内するよ」
(注 筆者は熊本県在住である)

遊郭?
吉原炎上?

私の中では遊郭=吉原炎上五社英雄監督の映画)である。しゃなりしゃなりと歩く名取裕子が頭に浮かぶ。

www.amazon.co.jp

(おんなどうしでこそこそみるともりあがるよ!気になるおとこのことはみちゃだめ!)←男の度量を計る踏み絵としてはアリかもしれない。

話が逸れた。
歴史に興味がある数人とおじさまのガイド付きで町内を回った。
車で通り過ぎるだけの場所もおじさまの歴史(こどもの頃の思い出)も合わせて聞くと興味が湧く。会ったことのない人の過去より今目の前にいる人のルーツだと思うと歴史は面白い。場所に、人が、人生が見えると人を惹きつける引力が働く。

学術的な話は正直あまり興味がない。何が正しいかよりそこに心動くか。間違った認識が広まるのは地元の方を傷つけるかもしれない。しかしだからといって堅苦しい話ばかりしていたらそこに人は寄りつかない。そういう見方もあるかもねと笑えるくらいの器を持って多少デフォルメしてでもポップに発信せねば廃れるのみだ。

水曜日のカンパネラやレキシくらいの強かさが必要なんだろう。意味はなくても耳に残るキャッチーさ。「正しさ」より「楽しそう」か。

youtu.be


余談
おじさまは歴史話が熱を帯び、神社と川を巡るツアーで終わり、遊郭の話が全く出てこなかった。遊郭はどこにあったのか最後に聞くと「最初に行った神社の辺りにあったと俺は思うんだよね~」との事。根拠ないんかい!

さよならR2 「報告2日目」

f:id:guzuni:20170309155010j:plain

今日の初体験 ②車を売る

車を売った。初めて買った車だった。コツコツ貯めたお金で買った今までで1番高い買い物。2年間色んな所へ行った。彼(車。SUBARU R2)がいたから出会えた人も多い。「いい人にもらわれてね」と最後に記念撮影した。

しかしそんな思い出など古さの証明でしかなく、彼は買った値段の1/10で県外のオークション会場へ旅立った。

某買取会社は、偉くチャラチャラした店員が自社のサービスを自慢たらしく説明した後に「9000円です」とそれが常識と言わんばかりの態度でのたまったので「結構です」と速攻帰った。あんたなんかに彼(R2)の良さは分かんないわ!とぷりぷりしたが、他の買取会社もそんなものでそれが余計に腹立たしく。

悔しかったが、いい勉強にはなったと今は思うようにしている。だって無職だから。節約し、支出を減らさないと身(貯金)は急激にすり減る。
もう「高く買い取ります!」と宣伝するCMは信じない。