ぐずにっき

生きづらさを減らすための脳内作戦会議&実践

あまくない 「報告42日目」

f:id:guzuni:20170621160737j:plain

梅雨入りしたという割に雨が降らない。全く降らないと困るけれど、今年は大雨が降らないで欲しい。地震で地盤が緩んでいるところに大雨なんて怖い。我が家は山と川に挟まれた坂の上にある。

昨日、大分で震度5の地震。この出来事にはどんなメッセージが、意味があるんだろうと考えてしまう。理屈をつけて納得したいんだな。そうやって折り合いつけて共に生きる。


フラワーカンパニーズの新曲「あまくない」のPVフルversionが公開された。曲はもちろん良いんだけど1番良かったのはメンバーそれぞれへの「あまくない」というテーマのインタビューでの圭介さんの言葉。


youtu.be




「あまくないっていうのは人生甘くないって事より、甘くない、苦みの良さというか、苦みがあってこその人生だなっていう意味の方が強いんだよね」


「若い頃は後悔しない生き方に憧れてたけど、今は後悔してナンボというか。後悔なんて全くしてないって人ってつまんないって思っちゃう。うらやましいけど。後悔しまくってる人の方が人間味があって今の自分にはしっくりくる」


老いっていうのは意識するよね。体力はなくなってるし。でもそんな現実をどうハッピーに持っていくかっていうのがやりたいなって思ってる」


圭介さんは、発熱の男だ。
いじけてすねて自意識をねじりまくって溜めて溜めて結果勢いが増して感情揺さぶる熱を発するんだと思う。

以前の圭介さんは後悔する自分が嫌いだったと思う。「自分がいかに駄目か」だったらいくらでも書けたはずだ。それが「後悔には味わいがある」という発言に至ったのは、目に見えて分かりやすい成功である満員御礼の武道館公演を経て、卑屈な自分を受け入れられるようになったという事なのだろうか。武道館という大きな節目を経て、今まで通りではない次のステージを目指しているんだろう。


という事をぼんやり考えたのはtheピーズの武道館公演レポート(考察?)を読んだから。


realsound.jp


ピーズも次のステージに向かうようだ。


歳をとるという事の良さについて今はまだよくわからない。恐怖の方が強い。かといって子どもの頃に戻りたいとかあの頃は良かったなんて思わないけれど。同窓会は1回も行った事がない。同窓会の誘いの電話が、よくよく話を聞くと宗教の勧誘だった苦い経験のせいもある。


年齢は気にする。あの人は私の歳に成功した、子どもを産んだ、など。今なら無職の自分。実家にいる自分。比べても仕方ないのにね。自分で選んだのにね。彼ら彼女と対等に話せるだけの何かが欲しいのだ。
卑屈にならないように、猫背にならないように倒れないように踏ん張る一歩になる力。


f:id:guzuni:20170621174123j:plain


初体験42 「ゲルに泊まる」
モンゴル遊牧民の移動式住居ゲル。ゲルのオーナーさんの畑、田んぼの草取りをし、食事を頂き、ゲルに泊まる。意外と寒くなかった。(ゲルは山奥にあり、夜は冷えると思ってた)夜は真っ暗。蛙の声が際立つ。

映画について 報告41日目

f:id:guzuni:20170618210826j:plain


月に一回友人知人と映画を観ている。映画は、毎回私が季節に合わせて選んでいる。
そこそこの映画好きだ。でも構図とか引用とか俳優とかそこまで詳しくはない。
年齢層が幅広いので、エログロバイオレンス系は避けている。

「さらば箱舟」とか「もう頬杖はつかない」とか「愛の新世界」とか「うなぎ」とか個人的には好きなんだけど、
みんなで観れるかと言うと・・・とちょっと外してしまう。

youtu.be

「愛の新世界」で鈴木砂羽片岡礼子が東京の夜の街を走り抜けるシーンが好きだ。
このシーンで流れるのが「今夜は踊ろう」。このシーン観るだけで価値があると思ってしまう。

なぜか岡崎京子の「虹の彼方に」という作品の見開きページを思い出す。


「虹の彼方に」が収録されてるのはこの本↓

www.amazon.co.jp


バブル期の女二人は最強説が私の中にある。



f:id:guzuni:20170618211028j:plain



ちなみに今まで観た作品はこんな感じ。毎回自分の中でテーマがある。カッコ内はテーマ。

2014
①ぐるりのこと(11月。私が一番好きな作品)
②逆噴射家族・ウエインズワールド2(12月。破壊)

2015
男はつらいよ寅次郎相合傘(1月。新春)
エターナル・サンシャイン(2月。冬)
⑤トラック野郎男一匹桃次郎・太陽を盗んだ男仁義なき戦い(3月。菅原文太追悼)
⑥グッバイ・レーニン!(4月。嘘)
⑦リバー・ランズ・スルー・イット(5月。新緑。)
ブルース・ブラザーズ(6月。梅雨をぶっとばせ)
プリシラ(7月。砂漠。夏。)
⑩オトナ帝国の逆襲(8月。大人も子どもも楽しめる)
 宇宙刑事ギャバン・円盤戦争バンキッド・高速戦隊ターボレンジャー地球戦隊ファイブマン
アメリカン・スプレンダー(9月。読書の秋)
⑫バックトゥザヒューチャー(10月。映画の舞台が2015年10月21日だったから)
⑬街の灯(11月。これはリクエスト上映)
⑭フィッシャーキング(12月。ボロボロになった人へ)

2016
⑮俺は待ってるぜ(1月。リクエスト上映)
ゲゲゲの鬼太郎テレビシリーズ第1期から第4期まで(2月。水木しげる追悼)
テルマ&ルイーズ(3月。旅立ち。)
熊本地震で二か月休む
ミセス・ダウト(4月のつもりで嘘がカギになる映画にした。地震の影響で6月になった)
グーニーズ(7月。冒険)
ウルトラマンセブン・レオ・マックス(8月。大人も子どもも楽しめる特撮シリーズ)
 ホテルハイビスカス(8月。夏なので沖縄が舞台の映画)
㉑喜劇駅前団地・喜劇急行列車(9月。駅)
㉒ピンポン(10月。スポーツの秋)
南極物語(11月。高倉健追悼)
シザーハンズ(12月。クリスマス)

2017
細雪(1月。着物)
㉖めぐり逢えたら(2月。バレンタイン)
ゴーストワールド(3月。別れ)
㉘ラースとその彼女(4月。嘘)
㉙孤独のススメ(5月。リクエスト上映)
㉚遥かなる山の呼び声(6月。新緑)



基本自分が観て面白いと思ったものしか観てない。だからジャンルに偏りがある。
アクション・SF・ホラー・韓流・ミュージカルなどまだまだ未開拓のジャンルがあるのでネタは尽きない。

特撮は知人のマニアな人に教えてもらったやつなので私自身はそんなに詳しくはない。
私の周りの人の方が詳しい。映画学校出身の先輩と自主映画を作ったこともいい思い出だ。


映画、いいですね。


f:id:guzuni:20170620003322j:plain



初体験41「ハンドマッサージ講座に行く」

以前占いで、「あなたは手を使う仕事が向いている。例えばマッサージ師とか」
と予想外の事を言われて印象に残っていた。

ある時、一日だけのハンドマッサージ講座が近所であると知り、
いい機会だと受講した。アロマセラピーの基礎、キャリアオイルの基礎、ブランドオイル(キャリアオイルプラス精油)作り、
マッサージ実技と続く。実技は緊張で、手汗とオイルでべちょべちょだ。こんなマッサージの人、嫌だよな・・・。
力の加減も難しい。思い切りが大事だとわかりつつも、ツボを押さえるだけで手一杯だ。

なんとか一日し、修了証書とブレンドオイルを頂く。
こりゃ経験積まなきゃ忘れるな・・・。


ちなみに私が普段アロマをどのくらい使っているかと言えば、化粧水や防臭スプレー、リップクリームくらいだ。
数種類しか持っていない。ペパーミント、オレンジスイート、ラベンダー、レモングラスくらい。
精油はそこそこいい値段するし、あれもこれも欲しいと思うほど香りフェチでもない。

精油の組み合わせがしやすい無難なところで満足している。


そもそも、接客業が苦手なのにマッサージ師なんて向いてないんじゃないかなぁ。
手を使う仕事ってなんだろ。

改めて自己紹介

f:id:guzuni:20170615012928j:plain

改めて自己紹介。

一見さんから常連さんまでおはようございます。
当ブログへの訪問、ありがとうございます。

私ぐずに、32歳女性は2月に仕事を辞め、現在ほぼ毎日一日一つ新しい事に挑戦してこのブログで報告しています。微々たる事でも経験を積む事で自分のできる事を増やして、たくましい人になりたい。長年つきまとう生きづらさ、無力感に苛まれながらも私が私でいられる日々を目指して生きてます。


何か為になる情報も主張も答えもありませんが、日々徒然なるままに日々を内面を書いてます。よかったら引き継ぎお立ち寄り頂くと嬉しいです。





前回どんよりした内容書いたら、急激に閲覧数(PV?)が減って、反応がなく、そんなに重い内容だったかしらと焦る。いつも書くのが深夜だからますます暗くなるのか。

何か目新しい行動や思考をしているわけではないし、言いたい事はあるが、伝えたい事はない。言葉が自分(内)に向かっている自問自答か他者(外)に向かっているメッセージかの違い。これは大きい。他者に向けての方が反応しやすいだろう。だから私の言葉は届かない。届く努力が足りないんだなと受け入れるしかない。

伝えたい事がはっきりしてたら伝わりやすい。答えのような強い言葉なら尚更惹かれるだろう。

それかマニアックなネタを突き詰めて定期的に発信したり、目立つコンセプトで勝負するのもある。

伝えたい事はないけど、伝えたいという渦を巻く衝動はある。この感情は何だ?言葉のピースをパズルのようにはめようとするが、うまくはまらない。そのトライ&エラーがこのブログだ。



「オリジナリティなんてなくて、ただ表現したいという欲望があるだけ」という自分の浅さにうんざりしつつも掘り続ける。続ける事が大事。
しょぼくてもダサくても暗くても頭悪くても理想とほど遠くても泣き虫でも諦めたらとことん墜ちていく一方だと思ってる。墜ちたら布団から出られない。いじけちゃだめだ。外に出る。

f:id:guzuni:20170615101716j:plain


現在AM9:51。久々に朝から書いている。昨日は間食をしなかったので体は軽い。仕事中は毎晩お菓子を食べないと落ち着かなかった。今は精神状態は安定している。花に水をあげたり、深呼吸したり、スカートをはいたり、そんなささやかな事を大事にしたい。体の声に正直に生きたい。

リチウム 「報告40日目」

f:id:guzuni:20170611220732j:plain



蓮の花のつぼみがありました。



満月の夜の穏やかな高揚が持続すればいいのに。


まぁ続きませんでしたね。
良いことも続かないけど、悪いこともそう続かないさと言い聞かせてみる。


思い返せばもっとひどい時期があったし、音楽も文字も暖簾に腕押しだったあの頃に比べれば十分マシだ。


なんとか今は睡眠薬にも安定剤にも酒にも頼らずに生きている。


思い出す。

元同僚のIさんはジャンキーだった。薬で見る幻覚が楽しすぎて幻覚見るために色んな薬を飲んでいた。
いつでも肩の力が抜けたゆるいスタンスのIさんがうらやましかった。
「Iさんはなんでもそつなくこなせてうらやましい」
と私がこぼすと

「それなりって一番きついぜ」
とIさんは笑った。

Iさんは己の器用さに自分の限界を見た。それ以上でもそれ以下でもない行き止まり。あとは現状維持だけ。
そんな自分の将来に嫌気が指したのだろう。その先を観たくて、彼は幻想の世界に入り浸るようになった。


仕事中にバッドトリップするようになり、精神科病院に入院し、仕事を辞めた。


Iさんから手紙が届いた事がある。入院中の出来事が書かれていたが、そこにIさん自身の内面の記述はなく、
「ああこの人は退院してもまた同じ事繰り返すだろうな」と思っていたら案の定母親を殴って再入院した。

それから先は知らない。

Iさんがアンジーの「夜の行進」に出てくるビリケンみたいに「俺なんて安っぽい」と泣けたら
一緒に泣きながら夜の街を歩く友達がいたら 現状維持でもいいやと折り合いがついたんじゃないか
と思ってしまう。勝手な想像だとわかってはいても。


youtu.be




ハハハ、他人の事、過去の事で現実逃避しちゃっていかんいかん。


で、お前はどうするって話だ。
ネガティブモードのマイナスからゼロに戻ってどうプラスを加速させるか。
答えはまだない。けど、どこかにあるって思って生きてる。少なくとも明日はね。
うん、どうにかなるさ。うまくやれるさ。




f:id:guzuni:20170611235727j:plain



初体験40 「喫茶店のバイトをする」

根暗な私に知人の経営する喫茶店の一日バイトの話が舞い込んだ。接客業&レジ打ちが苦手な私ができるのか?と前日までできるかどうか不安だったが、
ブログのネタにもなるし、一日だけだし、とやることにした。結果は大きなトラブルもなく、お客さんが少なかったのでレジでパニックになる事はなかった。けれど、じっと立ちっぱなしの仕事は、自分には向かないなと痛感。足がむくんでつらい。おしゃれなボサノバがかかる店に、おしゃれな服装(店指定の白シャツ&黒ズポン&かわいいエプロン)でコーヒーを入れる。が、頭の中ではギターをギャンギャン鳴らしていた。そうしないとむずがゆいのだ。頭の中は自由でいたい。



ちなみに今日のブログタイトルにしたリチウムはIさんがよく歌っていた曲。

youtu.be

満月ドライブ 「報告39日目」

f:id:guzuni:20170610001252j:plain


曇天の日。
こんな日は悪い思考に身も心も支配されがちだから外へ出る。
誰もいないグラウンドを爆音で音楽聴きながら黙々と歩く。
厳しい状況でも、いじけてちゃ運に毛嫌いされてしまう。
力をつけるのだ。奪われないように。



今日はthe ピーズ日本武道館公演。
行けなかったけど、満月が綺麗だったからまぁいいかと思えた。
久々に夜のドライブをした。満月の光が道を照らしてくれたから心はざわつかずに
すっきりとした。たいがい金曜の夜はざわついてしょうがないのだけれど。


youtu.be



金曜の夜のBGM。泉谷しげる「電光石火に銀の靴」。
高校の頃、石井聰互監督作品にはまった。10代には衝撃的だったなぁ。
「爆裂都市」もいいけれど特に「逆噴射家族」が好き。
友人たちの中で逆噴射家族内の小林克也の物真似が一時期流行った。

逆噴射家族 - Wikipedia



ちなみにダウナー系で言うと井上陽水の「夜のバス」(80年代の陽水さんのライブアルバムが欲しい!)


youtu.be



HI-Posiの「体と歌だけの関係」

youtu.be


を聴きながらあてもなく真っ暗な田舎道をドライブすると
週末の疲れた脳がいい感じに溶けてきますね。どこか違う世界に
トリップしそうなぞくぞく感があります。



今のシーズンなら
ボ・ガンボスの「トンネル抜けて」もいいですね。

youtu.be



夜のドライブの思い出はいくつかありますがまたいずれ。





f:id:guzuni:20170610001503j:plain


野イチゴを見つけたよ。






初体験39「印税を調べる」

華やかな音楽の話の後に地味な話。

私はひっそり本(小冊子に近い薄さだけど)を出版している。短編小説集。無料で本が作れるサイト「ムゲンブックス」のおかげだ。


mugenbooks.com



出版して一年が過ぎ、今何冊売れてるのか調べてみた。


10冊。

まぁそんなもんだ。印税は900円だった。しかし3000円以上から支払い申請ができるらしい。遠いな。

でも無料で本が作れるので文句は言えない。ムゲンブックス様様です。




amazonでも買えます。

本のタイトルは「2センチ上げる」。

著者名は偶数2で検索すれば出てきます。

(こんな時に限ってリンクが貼れない!)

せっかくだから言っちゃおう。

・・・良かったら買ってください。

(言っちゃった!)


がっかりした!とか言われても返金できませんが。
テイストはこのブログ同様暗くてほのかに光があるかな?
みたいな感じです。大好きな作家永沢光雄さんの影響がでてますね。

永沢光雄 - Wikipedia





ではおやすみなさい。いい夢を。

洋楽とTシャツ「報告38日目」

f:id:guzuni:20170607222235j:plain

 

 

洋楽は疎い。

 

正確に言うと浅い。所謂「ロック名盤コレクション」みたいな作品しか知らない。

 

邦楽のルーツを探ればだいたい洋楽になるが、どうも深入りできなかったのは言葉の壁があると思う。歌詞に共感できないからだ。英語読解能力がないから、歌詞カードの和訳を鵜呑みにして、「固有名詞ばっかりでわからないや」とそこで諦めてしまう。他の和訳も読んで補完すれば好きになったかもしれないがそこまでの興味はなく、洋楽はメロディや見た目で楽しむもの、と聴き方を限定してしまった。差別的だったり、性的な歌を熱唱するのは恥ずかしいのでそんな歌じゃないよね?と確認するくらいだ。

 

 

Tシャツ問題。おしゃれアイテムとして使われる洋楽バンドTシャツ。例えばヘビメタTシャツが数年前流行ったが、たぶんそれを着ていた女子が本当にスレイヤーやアイアンメイデンを聴いていたのかは怪しい。好きならいい。けれど好きでもないのになんとなく着ていることでツッコまれる覚悟は必要だと思う。←(考えすぎかなぁ)

 

かくゆう私はAC/DCのTシャツを買って後悔している。アンガス・ヤングの見た目で選んでしまった。ジャケ買いに近い。早速着て、さぁ出かけようとすると「好きだからってそれだけの理由で着てていいのかなぁ、曲なんて「highway to hell」と「back in black」くらいしか知らないしな」と心配になり、結果Tシャツは常に箪笥で待機している。鳴り物入りでやってきたのにね・・・。

 

youtu.be

 

youtu.be

 

ファンに曲について追及され、うまく答えられずがっかりされるような気がして今年の夏もAC/DC Tシャツは日の目を見ない可能性が高い。

 

Tシャツ問題。

以前、「drive me crazy!」と書かれたTシャツを着ていた知人女性に、「それ、私をめちゃくちゃにして!って意味だよ。安っぽい女だと思われるから外で着ない方が良いよ」と知人男性が教えていた。それから英語の書かれたTシャツを着る時は気を付けるようになった。本意でないメッセージを宣伝する事にもなりかねないとぞっとする。←そんなにお前の事見ちゃいないよと言われそうだけど。

 

逆に言いにくい事は英字Tシャツで表現しちゃえ!と言ったのはコレクターズだったような。

 

youtu.be

 

 

洋楽は疎い。

だから洋楽が好きです、なんて恐れ多い。でもいつか分かる気がする。

 

f:id:guzuni:20170607222057j:plain

 

 

 

初体験38 「調味料を作る」

知人女性と一緒に本を見ながらマヨネーズとケチャップを作る。誰かと一緒に料理をして、適度に苦労し、完成した喜びを共有できる事は楽しかった。これを一人でやると苦労しか覚えてなかったりする。作業をしながらのおしゃべりと美味しいご飯には人を癒す力があるな。心も体も解けていく。

 

現状は変わらない。毎回書いてるこの初体験報告だって、逃避かもしれない。「それやって何になるの?」

そんな事やってる本人が真っ先に突っ込んでいる。でもやらないよりはマシだと思ってる。言い聞かせてる。正しいかどうかなんてわからない。だから悩む。歩みは小さい。

 

それでも明日生きるための逃げなら結果前向きじゃないか。

 

とりあえず運動しよう。

頭空っぽにして踊れる音楽聞きながらウォーキングしようかな。

 

今日のBGM

thee michelle gun elephant 暴かれた世界

youtu.be

 

ミッシェルが解散した時は悲しかった。「エレクトリック・サーカス」を聴くと今もあの時の悲しみがよみがえる。 

 

 

 

 

 

 

 

 

はまってたまっか「報告37日目」

f:id:guzuni:20170606004218j:plain

 

空は悲しみや怒りや喜びや色々含めて層になって美しく見える。空に惹かれない人は少ない気がする。晴天にはニューエストモデルの「雑種天国」がピッタリだ。運動会で流れて欲しい。色んな奴がいるのもええじゃないかと皆踊れ。

 

youtu.be

 

ニューエストモデルは高校生のころ、アルバム「クロスブリードパーク」を聴いて知る。リアルタイムではない。27年前の歌詞とは思えないよな・・。

 

 

胃液を反芻する日々に心が溶けてしまいそうになる。
「自分を否定する感情が沸いてきたら気分を変えて一旦忘れましょう」って言われても
追ってくるしみったれた気持ち。寂しさ。

 

 

悲しい時に悲しいというのは弱さなんだろうか。
悲しいよと話しかけるのは甘いだろうか。

 


とりあえず歩き出す一歩分の力が欲しい。自意識でがんじがらめ、フル稼働の脳みそから解放されたい。半分くらいのシンプルさがいいや。

 

youtu.be

「見えるもんだけがすべてでいーだ。見えねぇもんまで考えるもんか」

 


こうやってネガティブな言葉を吐いてるからネガティブな現実がやってくるのか?
いつもうまくいかなかった時に傷つかないように「うまくいかなかった時、どうしよう?」の想像をしてしまうから
予防のつもりが予言になっているのか?
何かを得ると何かを失う恐怖に襲われるのも、今を楽しめないのも、、、、。

 

 

 

f:id:guzuni:20170606005727j:plain

 

いかんいかん、暗すぎる。

ネガティブに取り込まれたらなかなか抜け出せない。

向き合うのもほどほどだよな。

 

今日頑張れた事。

洗車した。

夜間食しなかった。

(昔はお菓子が主食と言っていいくらい食べていた。寝酒ではなく寝チョコが日常)

 

できた事に目を向けよう。

 

 

初体験37 「布マスク購入」

私は寝ているとき、口を開けて寝ているらしく朝は毎回喉が痛い。

喉が弱くて風邪もひきやすいので夜はマスクをして寝ている。普通のマスクは耳が痛くなるので値段は少し高いが幅広紐のマスクを使っていた。最近毎月マスクにかける費用が約1500円(7枚入り380円×4週)になる事に気づき、もったいない!と布マスクに変える。布マスクというと給食当番が使っていたガーゼマスクのイメージで、昔口にぴたっとついて苦しかった記憶から避けていたが、たまたま見つけたこれは立体型で息がしやすい。子どものころの思い込みって根深いけど、大人になると意外と平気になったりする。そんな時成長を感じる。

 

子どものころが良かったなんてちっとも思わない。子どもの頃の無念を成仏させるために生きているところがある。このままじゃ過去が報われないってしがみついてる。

 

 

f:id:guzuni:20170606005900j:plain