読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐずにっき

生きづらさを減らすための脳内作戦会議&実践

滑稽な恋愛「報告13日目」

f:id:guzuni:20170331214559j:plain

恋愛は端から見れば滑稽だ。
それは当人達が必死であればあるほどに。

初体験⑬一人なら見ない映画を見る。

あまり期待していなかった恋愛映画を観た。本能に正直に突っ走る登場人物達。くっついたり離れたり。子どもの気持ちも考えろよと言いたくもなるが彼らは正直だ。人の恋愛は笑える。だからラブコメは大きなハズレはないように思う。
今回は思っていたより面白かった。期待していなかった分お得感があり、外は晴天で気分は良い。

youtu.be


近くの公園で弁当を食べなから、映画の反芻をしてにやける。食べ終わって一息つくと今の私は恋からかなり遠い所にいるなぁとじんわり突きつけられる。

最後に恋をしたのは6年前。もっと前のように感じる。恋に憧れ、恋に恋してたからすれ違いを受け入れられなかった。「恋は頑張るって言った時点で終わっている」って誰かが言ったがその通りだった。

別れたら色んな事がどうでも良くなってしまった。服も食べるものも同じものばっかり。色んな事が面倒になった。私は軸が、他人にある。好きな人に喜んでもらう為なら頑張れるけど、自分のためとなると粗末に扱ってしまう。

これではいかんと合コンに行った事もある。行ったからには結果を残そうと連絡先を交換し、数回食事をしたが、ある時、私が子どもは欲しくないと話したら
「30過ぎて、子どもを産めるギリギリのタイミングを逃すのはもったいない」と言われ、
お互い求めるものが違うと感じた。
彼は家庭が欲しくて私は恋愛がしたかった。

40近くになったら恋愛なんてすっ飛ばして「子どもが欲しいからあんたの精子ちょうだい」なんて思うようになるんだろうか。(今回観た映画がそんな内容だった)

わからない。けど、今は遠い。40まで生きられるかもわからない。

f:id:guzuni:20170401223431j:plain

図書館で見つけた本。責任持てないっす。